新しいアルツハイマー病などを原因とする認知症の画像診断

これまで難しいとされてきたアルツハイマー病などを原因とする認知症の画像診断ですが、新しい診断方法の技術が先進医療として承認されたのだそうです。

これまでは実際に医者が車患者を問診して認知症であるかどうか判断をしていたようですが、脳内の画像を利用して診断できるようになるのだそうです。

その方法は、脳内でブドウ糖が吸収される状況を撮影した上で、画像から脳のどの部分の機能が落ちているのかを調べることで診断する方法だということです。

直接がそう見て診断できることからこれまでよりも診断しやすくなると思われますし、先進医療として認証されたことで患者の経済的な負担も減ることから、まさにウインウインということになるのでしょう。

医療分野に関して日々技術が進歩していますし、これまで難しいとされてきたことも一つ一つ克服してきていますから、将来はどうなっているのか非常に期待が持てるということでしょう。